糖尿病コレクターズ倶楽部

PR

鳴かぬなら鳴かせてみせよう糖尿病

こんにちはいつもいいねありがとうございます

辛い冬の到来ですが、家にこもっているわけにもいかず、頑張って出掛けています

私はホルモン剤飲んでるのと、寒い以外はたぶん?大丈夫で元気なのですが、オッパが風邪ひいてしまい市販薬では治らないので病院へ。

私も一緒についていったのですが、「インフルエンザの予防接種受け付け中」と書かれていたので、打ってもらいました。特に予約なしでも問診票に記入して、医師の診察後にすぐに打ってもらえました。注射と私は別に血液検査もしたのですが、とっても注射が上手な看護師さんで全く痛くなく、あっという間に終わってしまいましたインフルエンザの予防接種は思ったよりも安く、25000₩でしたよ。

寒くても風邪もインフルエンザもかからず、健康体でこの冬を乗り越えたいものです

最近、冷えるせいか甘いものが食べたくて仕方ありませんまだ火曜日なのに、今週もうこんなに食べてます
糖尿病注意ですね

糖尿病のオークションより安い通販ショップ、自慢の価格と品質でご奉仕させていただきますよ

現在の足に合った靴も買わないといけませんが、メガネも買わないといけません。11月10日に、総合病院の眼科の先生に、わざわざメガネの処方箋を書いてもらったのに、まだ、メガネを作りに行っていません。単純などのメガネではなく、中近用のメガネを作ります。 中近用のメガネというのは、2~3m先から手元までがよく見えるメガネです。遠いところにはピントが合いません。でも、中近用のメガネでも、遠くのことはそんなに気にならないんじゃないかと思います。いまかけているメガネはPC用のメガネで、これ一つで生活しています。遠くはもちろん、3m先になるとピントが合いませんが、それほど気になりません。むしろ、手元が見づらいのが困りごとです。なので、中近用のメガネを作れば、見え方はかなり快適になるんじゃないかと思います。 ZoffでもJINSでも作れますが、ネットで調べたら10日かかるというので、とっとと行かないと年内に間に合わなくなります。なぜ、もたもたしていたのか? 反省の多い毎日です。また、お腹が痛くなりそうです。 さて、糖尿病になって、目のこともかなり心配していました。糖尿病網膜症になると、失明しちゃう。目が見えない生活は恐ろしいですが、本を読めなくなるというのもかなり辛いことです。だから、合併症の中で、いちばん先に気になったのが糖尿病網膜症です。 実際、入院した時には、かなり目の具合が変わっていて、普段かけているメガネをしても、PC画面の距離にピントが合わず、ぼけぼけでよく見えませんでした。その代わり、普段は見にくいのにメガネをしたまま手元が見えたりして、目に確実に異変がありました。持っているメガネでは、あまりにもものが見にくいので、入院中に糖尿病網膜症の検査を受けた時に、眼下の先生にメガネのことを相談しました。 幸いなことに糖尿病網膜症の所見はありませんでしたが、 血糖値が高くなって、眼球の側の血管が腫れ、これが目を圧迫してものが見にくくなっている のだろうという説明を受けました。糖尿病網膜症になっていなくても、血糖値が跳ね上がると目に大きな影響があるんですね。 入院中は、見づらいというレベルでしたが、入院前は、常時目がかすんでいて、目の前に薄いベールがかかっているような状態でした。7月の半ばくらいから、そんな状態だったでしょうか。体が異常にだるいし、目が見えにくい。これも糖尿病の初期症状なのかも知れません。 目がかすんで見にくいと思いながら、8月に入りました。毎日見にくいんですが、8月25日、朝起きたら、突然、見にくいを超える状況になっていました。目がかすむという状況を通り越して、目の前に白濁した何かがあるようで、ほぼ見えない。薄く見えていたものの輪郭も、白濁に邪魔されて分からないような状態になっていました。この時は、糖尿病だなんて知らなかったので、目の病気かと思っていました。「白内障?」とか思っていました。 8月25日もショックでしたが、26日はもっとショックでした。さらに、見えない。「目が見えなくなるのか?」と心配しました。そして、8月27日。点でしかものが見えません。白濁の中でかすかに覗ける点の部分だけが、かろうじて認識できるという状態になってしまいました。この日がいちばんものが見えなくって、本気で「失明するのか!」と思った日です。 たぶん、眼球の周りの血管がいちばん腫れてパンパンになっていたんじゃないかと推測しています。 8月28日になると、なぜだか白濁の壁がなくなり、もののシルエットが薄っすら分かるかすんだ状態になっていました。僕は、これは死ぬ前の 『風前の灯火』 だったんじゃないかと思っています。9月8日に総合病院へ駆け込まなかったら、やっぱり9月9日が命日になっていた。そう思います。 目だけとってみても、いろいろなことがありました。根本的に体がダメになっている時には、いろいろとひどい症状が出るわけで、少しの我慢もしないで、病院へ行かないといけません。 死の淵を目の前に見た者が言うのもなんだけど、 「よくまあ生きていたもんだ」。 あと一歩踏み出していたら、僕は、あちら側の世界へ行っていただけに、目のことだけでも病院へ行っていれば、死ぬところギリギリまでは行かなくてすんでいたので、普段とは違う異常なことが体に起きたら、即病院へ行った方がいいですね。 いまのところ、目は普通の状態に戻っていて、目については血糖値が下がって行けば、大きな問題は起きないのかなと思っています。 本を読んでいて、「目のことを書こう」と思いました。w        


糖尿病 関連ツイート

乳幼児期に与えられた牛乳(粉ミルク)は消化されず腸内にたまり、血液中に吸収されることがある→免疫システムがこれを異物として認識、破壊作業にとりかかる→粉ミルクの断片とよく似た膵臓の細胞も破壊→1型糖尿病を発生させる可能性がある(THE CHINA STUDYより)
やっぱりね。私は既に糖尿病も患っており更にうつ病ですから。保険には期待できないな…
RT @MSFJapan: ブタイナちゃん(9歳)は1型糖尿病。発作で2回、命を失いかけた。 #国境なき医師団 (MSF)のもとで治療を受けている。シリアに帰りたい、でも帰れない。なぜなら ⇒ https://t.co/vONWc5cAly https://t.co/fX4Zw…
足が痺れるのは糖尿病予備軍

PR

コメントは受け付けていません。

世界最大の格安旅行会社

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社です。
ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。

ドリームトリップス 世界最大の格安旅行会社