福山雅治「集団左遷」5話顧客が羽田支店に9・0% – ドラマ : 日刊スポーツ

うっかりが気になる方へおススメ!サポートメモリープレミアムで健康維持!

福山雅治「集団左遷」5話顧客が羽田支店に9・0% – ドラマ : 日刊スポーツ

福山雅治(50)主演のTBS系ドラマ「集団左遷!!」(日曜午後9時)の第5話が19日に放送されの平均視聴率が9・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが20日、分かった。 同ドラマは、50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の福山演じる支店長・片岡洋がリストラ寸前の行員たちと協力して大逆転に挑むというストーリー。福山は「組織人の葛藤や友情、家族愛を明るく描きつつ、笑えて泣ける。でも、深く納得でき作品だと思います」とPRしている。 第1話からの視聴率は13・8%、8・9%、10・1%、9・2%だった。 第5話の内容は、「集団左遷」「廃店候補」と書かれた週刊誌の記事が逆に追い風となり、蒲田支店はたくさんの客でにぎわっていた。三嶋(赤井英和)から打診されていた20億円の融資が成立すれば、ノルマの残りはあとわずかとなる。 しかし、融資が決まりそうだった顧客たちが相次いで羽田支店に乗り換えるという事態が発生する。嫌な予感がした片岡(福山雅治)が三嶋の元を訪ねると、そこには支店統括部部長の宿利(酒向芳)と羽田支店の鷹谷支店長(桜井聖)がいた…。・・・続きはこちら→福山雅治「集団左遷」5話顧客が羽田支店に9・0% – ドラマ : 日刊スポーツ

リーブ21で一番売れているアクティシャンプーR(200ml)

コメントは受け付けていません。