福山雅治、初クラシックギターで新境地開拓!主演映画メインテーマ曲(SANSPO.COM) – グノシー

うっかりが気になる方へおススメ!サポートメモリープレミアムで健康維持!

福山雅治、初クラシックギターで新境地開拓!主演映画メインテーマ曲(SANSPO.COM) – グノシー



歌手で俳優、福山雅治(50)が主演映画「マチネの終わりに」(西谷弘監督、11月1日公開)でクラシックギターに初挑戦し、メインテーマ曲「幸福の硬貨」を演奏することが17日、分かった。普段弾いているアコースティックギターなどとは演奏方法が全く違うため、約3カ月間、猛特訓して習得。女優、石田ゆり子(49)と初共演する大人のラブストーリーを美しい調べで彩る。
心を通わせながら、思わぬ障害ですれ違う切ない愛の物語に、福山が人生初のクラシックギターで美しい旋律を奏でる。
「マチネの終わりに」は東京、パリ、ニューヨークを舞台にした大人のラブストーリー。本編中に使用されるメインテーマ楽曲「幸福の硬貨」は、「昼顔」「アマルフィ 女神の報酬」などで数々の映画サウンドを手掛けてきた音楽家、菅野祐悟氏(42)が本作のために書き下ろしたクラシックギターのオリジナル曲だ。
劇中で天才クラシックギタリスト、蒔野聡史を演じる福山。歌手としてアコースティックギターやエレキギターを演奏しているが、スチール弦をピックで弾くアコギやエレキに対し、クラシックギターはナイロン弦を指で弾く。ネックの太さも違うため、同じギターでも演奏方法が全く違い、「とても苦戦した」と振り返っている。
練習期間は約3カ月しかなく、西谷監督も「絶望的」と覚悟し、ギタリストの吹き替えを用意したほどだが、努力家の福山は何度も爪を割り、関節を痛めながら見事に技術を習得。天性の音楽センスも発揮し、本番ではすがすがしく凜としたメロディーを響かせた。
新境地を開拓した福山は「クラシックギターの弾き方、押さえ方を学べたことで、自分の音楽にフィードバックするものがたくさんありました」と実感。「『クラシックギターでの弾き語り』という演奏スタイルも、さっそくライブに取り入れさせていただいております」と、ミュージシャンとしても大収穫だった。
福山が奏でる哀愁漂うメロディーが、ヒロインの石田との恋愛大作を盛り上げ、世の女性をうっとりさせるに違いない。
物語
クラシック・ギタリスト、蒔野聡史(福山)の演奏会に訪れたフランスの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子(石田)。2人は初めて出会ったときからひかれ合ったが、洋子には婚約者(伊勢谷友介)がおり、すれ違いやさまざまな障害で、いつしか疎遠に。互いへの思いを心に秘めたまま、別々の道に進んだ男女が再会する日は来るのか-。メインテーマ「幸福の硬貨」は、2人の運命を強く結びつける重要な劇中曲となる。
クラシックギターに初挑戦し、主演映画のメインテーマ曲も担当する福山。イケメンな音色で観客を癒やす・・・続きはこちら⇒福山雅治、初クラシックギターで新境地開拓!主演映画メインテーマ曲(SANSPO.COM) – グノシー

リーブ21で一番売れているアクティシャンプーR(200ml)

コメントは受け付けていません。