温泉旅行のマナー

うっかりが気になる方へおススメ!サポートメモリープレミアムで健康維持!

温泉旅行だけでなく、スーパー銭湯などでも温泉気分が味わえますが、大勢の人が利用する場所にはそれなりのマナーがあって当たり前ですね。

快適で、気分良く入浴できるように、各自が最低限のマナーを守らなければなりません。
今はどこも自宅にお風呂があるので、公共のお風呂に入る習慣がなく、マナーを知らない人も増えているようです。

マナーが無い人が一緒だと、他の入浴している人が、不快な思いをします。
マナーとは、「他人に迷惑をかけない」ということで、常識的なことばかりです。

最低限のマナーが、3つだけあります。
1.湯船に入る前に、十分に掛け湯をして、体を洗い流します。体を洗ってから湯船に入ることもオッケーです。
2.湯船には、タオルを入れないこと。
3.湯船から出たあと、身体をある程度拭いて脱衣場に入ること。

湯船のお湯をきれいに使い、脱衣場のマットをズクズクにしないことが重要です。

温泉旅行先でトイレに入り、汗もかくでしょうから、不潔な体で湯船に飛び込むことは避けましょう。
人が不快に感じることをしないことがマナーです。

うっかりが気になる方へおススメ!サポートメモリープレミアムで健康維持!

コメントは受け付けていません。