有能の魅力で可愛くしちゃう

うっかりが気になる方へおススメ!サポートメモリープレミアムで健康維持!

有能は今月もトップ10ランキング入り、お買い得な価格で取り揃えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、お世話になります

悩み相談解決人のカウンセラーのセイジです!

本日も知っておくだけで、今現在の実生活の状態から

様々な教養・実学を身に付ける事で人生切り開く

役に立つ内容を話して参ります

 

 

 

 

 

 

 

・教養・実学を多く身に付ける最大の目的は「直感力」を鍛える為

・「直感力」により様々な局面で最善手を自然に行う事が出来る

・その為、数多くの教養を理解して色々行動して覚える事が大事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、「1分勉強法」について

「60冊分を1分」で復習する「カラーマジック」!~その1~

知識量を今よりも増やす為には

についてです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1冊1分の「リーディング」を身に付けて

タイムマジックで1分を感じれるようになる事で1分間という短時間

で勉強が出来るようになります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「タイムマジック」を身に付ければもう充分だ!

「1分間勉強法」はもうマスターしたも同然だぜ!

 

 

 

 

 

 

そう思う人もいるかもしれません・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・確かに「何もない状態」に比べたら勉強効率は格段に上がってる

・記憶力も「結果的」に向上しているので、能力も上がってるはず

・その証拠に貴方は「覚えるのが以前より早くなってる」感覚を感じてるでしょう

・しかも、「内容も時間帯ごとに工夫する」事で量も質も更に強化している

・だから、時間が無い時でも「いかに覚えるか?」の能力が身に付いてきてる

・ただ、時間を無駄に使って勉強している人よりかは有能と言えるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、この方法には「弱点」があるので、それを補う為の

方法こそが、もう一つの技法であるカラーマジック

なのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで貴方に更なるレベルに到達する為に「今一度」考えて欲しいのが

1分1冊で読めるという事は暗記が出来ているという事なのか?

という事についてです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗記が出来ているという人が居るかもしれませんが

残念ながら「タイムマジック」は暗記術でも記憶術でもない

ので、勘違いしてはいけません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ単に、「タイムマジック」

時間を短縮する技法(魔法)が使えるようになっている

に過ぎないのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の意味で「1分間勉強法」を完成させて

貴方なりに使いこなしていくのはここから

だという事を知って頂きたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・今よりも更に成長して「凄まじい能力」になるのはこれからですよ^^

・ここまで来た貴方なら「必ずその境地に到達」出来ると確信している!

・見えないモノを感じる修練も同時に詰めているのだから感覚も鋭くなっている

・その鋭い感覚の持ち主の貴方が「身に付けたと思うと・・・・・

・その凄まじさに私は「感動と戦慄」を覚える程打ち震えるでしょう^^

・偉大な人物(偉人)誕生の瞬間を私は見れるのですから・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んで下さり有難うございました

次回も宜しくお願い致します

 

ではでは失礼します

 

 

 

 

 

 

小粋な有能をお探しですか。こんなにあります。

 

 

 

「観自在(かんじざい)」

安岡章太郎(やすおか しょうたろう 1920~2013)

株式会社 世界文化社 2005年6月発行・より

 

 

 

 

それというのも、武市も東洋も、

どちらも もともとは長宗我部の遺臣の出なのに、

東洋は山内家に仕えており、

武市にすれば、裏切り者と映(うつ)ったはずだからです。

 

 

 

武市の尊王精神、つまり反幕勤王思想の一番手近な目標は、土佐における上士 (初代藩主山内一豊が遠州掛川から連れてきた者の子孫)と

郷士 (長宗我部の遺臣) の間の差別撤廃にありましたから、

それだけに、東洋に対する憎しみは強かったはずです。

 

 

 

上士と郷士の間での差別というのは、たとえばけんかをしても、

両成敗(せいばい)にならないで、郷士だけが討たれてしまうんです。

 

そんなとき、郷士が 「この御成敗には御差別あり」 と陳情書を出しているところからみても、郷士の側に非差別意識があったことがうかがえます。

 

 

 

その郷士を取り立てたのが、、先程申し上げた野中兼山です。

しかし、その野中兼山が役を退けられ、野中家が追罰をうけてからは、

郷士は藩全体から常ににらまれる存在になってゆきました。

 

 

 

そのうえ、時代が下がるにつれ、武士が経済的に貧窮するのに反して、

郷士や農民は豊かになり、

そうなればなるほど、身分差別が激しくなったわけです。

 

 

たとえば、日常身につけるものにしても、郷士は城下で下駄(げた)をはいてはいけないとか、傘をさしてはいけないとかの規則がつくられたのです。

 

 

高知の桂浜に坂本竜馬の銅像が建っていますが、

竜馬は袴の下にぶかぶかの革靴をはいています。

 

 

あの革靴は竜馬の進歩的な思想の表れであるという人もいますが、

あれは、郷士だから草履しかはけなかった竜馬が、腹が立ったので革靴をはいたのだろうと、私は思います。

 

 

下駄をはけないということがどれほどの屈辱であったかは、

よく分かりません。

 

 

が、明治元年(慶応四年・1868年)に土佐藩兵が大阪の堺に上陸して来たフランス人に発砲、水兵たちを殺した事件で、

発砲した藩兵たちが切腹させられる 「堺事件」 が起こったとき、兵隊(足軽)たちは切腹させられる前に上士扱いにしてほしい、と願い出ています。

 

 

上士扱いとは 「苗字御免、下駄御免」 ということで、切腹する前に下駄をはかせてほしい、と要求しているのです。

 

 

しいたげられた郷士や足軽など下士たちの気持ちが、下駄という言葉の中によく出ていると思うわけです。

 

 

武市半平太もあれほど有名な人間でしたし、竜馬は剣術もうまく、武士として極めて有能なのに、ずっと下駄をはくことを許されませんでした。

 

 

しかし、経済的にみると、竜馬の家は土佐で三大財閥の一つといわれていて、土佐藩の家老や山内家にも金を貸しており、正月には家老があいさつにくるというほどだったんです。

 

 

他藩の場合は郷士や農民が侍に取り立てられるという例はかなりあるのに、土佐藩の場合は絶対に、といっていいほどなかったんです。

 

 

 

5月7日和光市内(埼玉)にて撮影

 

 

 

 

リーブ21で一番売れているアクティシャンプーR(200ml)

コメントは受け付けていません。