気管支喘息カタログ通販ショッピング

PR

Pocket

気管支喘息お得商品も随時掲載、ごゆっくりご覧下さい

前回の続きです
某大学病院で担当してくださった循環器内科の先生は、たっぷりと時間をかけて、私の話を聞いてくれました。
頭ごなしに決めつける某クリニックの先生とは大違い
そして巧みに私から話を引き出してくださいました。薬剤アレルギーがあるので、アレルギーカードを提出。気管支喘息があること、春と秋に喘息が出やすいこと、胸痛は私の場合、水を飲むと薬を取り出す間に治まっちゃうので、ニトロは使った事がない事、胸痛も気になるけど、今一番辛いのは動悸と息切れであること。クリニックの薬が合わなすぎる事。。。
私1人にこんなに時間をかけていいの??と、こちらが気を使ってしまうほどしっかりお話させてもらいました。
すると、これまた親切丁寧な説明のもと、今後の方針や選択肢を提示した上で、とりあえず、負担の少ない検査からしていきましょうと3日間通いでの検査予約をすぐに入れてくれました。
この時の説明で初めて、冠攣縮性狭心症 の確定診断をするにはカテーテル検査が必要になる事や、偶然発作を心電図でとらえるとか、発作が出ている時でないと他の検査ではまず診断がつかない異常である事を知りました。
某クリニックの先生には『水を飲むと治まるなんてありえない!』と言って怒られましたが、某大学病院の先生は『そうおっしゃる方もたまにいるんですよね。でも、なるべくならニトロを使ってみてね』と言っていたので、あぁ、この先生は、数字やデータだけじゃなく、ちゃんと私という人間を診てくれてるんだって変に感心しちゃったりして
検査までの数日間は、某クリニックで処方された薬は全てストップして、異常はニトロで対応し、それでも、おかしかったら即いつでも来るようにとの事で検査に挑む事になりました。
次回は検査のお話です。

気管支喘息のある新しい生活。

こんにちは 昨日は自律神経失調症の症状について書きましたが、今日はその症状が特定の部位に強く表れたときにつけられる病気の名前について調べてみました  ☆循環器系→心臓神経症、不整脈、起立失調症候群、起立性調節障害(寝ている状態から立ち上がった時に血管の調整がうまくいかず、立ちくらみやめまいなどの症状がでる) ☆呼吸器系→過呼吸症候群、気管支喘息 ☆消化器系→過敏性大腸症候群、神経症嘔吐症、胆道ジスキネジー(食後に腹痛・吐き気・腹部膨満感・下痢を伴う)、反復性臍せん痛(ストレスが原因の繰り返す腹痛)、神経性下痢 ☆神経系→片頭痛、緊張性頭痛 ☆耳鼻科→めまい、メニエール病、乗り物酔い、咽喉頭異常感症 ☆口腔外科→口内異常感症、舌痛症、顎関節症 ☆皮膚科→円形脱毛症、発汗異常、慢性じんましん ☆泌尿器科→膀胱神経症、夜尿症、心因性排尿障害 ☆婦人科→更年期障害 など 明日は自律神経失調症のタイプについて書きたいと思います   


気管支喘息 関連ツイート

【麻酔:バルビタール】短時間:チオペンタール=>長:フェノバルビタール。【禁忌】気管支喘息(ヒスタミン遊離)、ポルフィリン症、ショック
麦門冬湯は、体力中等度以下で、痰が切れにくく、ときに強く咳こみ、又は咽頭の乾燥感があるもののから咳、気管支炎、気管支喘息、咽頭炎、しわがれ声に適すとされるが、水様痰の多い人には不向きとされる。
換気障害:
閉塞性換気障害

代表的疾患は、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患など

【咳】上気道炎、肺炎、ACE阻害薬、COPD、心臓喘息(左心不全)、気管内異物(ピーナッツ)、結核、気管支に浸潤する癌

PR

コメントは受け付けていません。