やっぱり気管支喘息が欲しい!

PR

Pocket

コミュニケーション強者が気管支喘息の息の根を完全に止めた

こんにちわ、サトシです。    今回はアレルギーになってしまうメカニズムをお伝えします。     私たちの体を異物から守る「免疫」。
それが、アレルギーの原因でもあります。まず、免疫システムを構成する 白血球の分類 をザッと見てください。これら「白血球」が、「体を守る防衛隊」の仲間たちで、・ ヘルパーT細胞(Th1,Th2) が、司令官
・ マクロファージが下士官
・ 好中球などがパトロール隊や歩兵
・ B細胞が、ミサイル(抗体)発射部隊  といった役割分担をしながら、体を守ってくれています。そして、アレルギーには、Ⅰ~Ⅳ型まで4つあり、
アトピー性皮膚炎 や ぜん息に 関係するのは Ⅰ型 と Ⅳ型 になります。   【 アレルギーの4つの型 】 反応の型 名称 主な疾患・症状 Ⅰ型 即時型
IgE依存型 アトピー性皮膚炎
気管支ぜんそく
じんましん
アレルギー性鼻炎
食物アレルギー
花粉症
アナフィラキシー Ⅱ型 細胞損傷型 血小板減少症
薬剤アレルギーなど Ⅲ型 免疫複合型 慢性関節リウマチなど Ⅳ型 遅延型 アトピー性皮膚炎
気管支喘息
感染アレルギー
臓器移植の拒絶反応など   Ⅰ型アレルギーのしくみ
 Ⅰ型アレルギーがおこるしくみは下のようになります。まず、血管や体の中を 「好中球」や「マクロファージ」 がパトロールし、
有害な異物を見つけると、飲み込んでしまいます。
       ↓
そして、マクロファージは、自分たちだけで処理しきれないと判断すると
ヘルパーT細胞(Th2)に情報を出し、援軍を頼みます。
       ↓
ヘルパーT細胞(Th2)は、司令官の役割です。
Th2が、戦いが必要だと判断すると、B細胞に指令を出します。
       ↓
するとB細胞は一気に増え、「抗体」を発射して 「異物」(アレルゲン)を攻撃するわけです。この時、抗体とアレルゲンと「肥満細胞」が結合すると、
肥満細胞からヒスタミンなどの物質が放出されます。このヒスタミンなどの作用によって、
皮膚の炎症やぜん息、花粉症などが引き起こされるのです。  Ⅳ型アレルギーのしくみ

Ⅳ型アレルギーには、「B細胞」 も 「抗体」 も関与しません。Ⅰ型は、一度入ってきて戦った異物を 「記憶」 しますが、
Ⅳ型はその点で全く違うしくみです。Ⅳ型は、2つのパターンがあります。★一つは、「Th1」 というT細胞 が関与します。
 マクロファージや好中球、キラーT細胞が異物と戦い、
 その時に出される物質によって、アレルギー反応が起きます。
  (アレルギー反応や炎症は、あまり強くありません。)★もう一つは、「Th2」 というT細胞が、指令を出すパターンです。
 「好酸球」 が戦い、その時出される物質が強い炎症・反応を起こします。
  アレルギー体質になってしまうわけは?

アトピーに関係する Ⅰ型 と Ⅳ型 のアレルギーが起る流れを見てきましたが、
共通して言えることは、強いアレルギー反応には 「リンパ球」 が関与している 特に、「Th2」 が関与していることがわかります。  つまり、血液の中で、「リンパ球」、とくに「Th2」 が増えてしまうと
アレルギー反応が強く出やすくなり、
 この状態が続くことが、アトピーの原因になる、ということになります。     では、どうして 「リンパ球」 や 「Th2」 は増えてしまうのでしょうか? 「リンパ球」 の過剰は、
●快適すぎる環境、 
●刺激やストレスが少なすぎる生活、
●清涼飲料水や農薬の影響、  などによって、「自律神経」 がかたよってしまうことが原因になります。  ★「Th2」 の過剰は、●腸の「悪玉菌」 が増えてしまうこと、
●有害物質、 ●環境ホルモン、 ●牛乳、などの影響が考えられます。生活や食べ物によって、アトピー・喘息が起る体質ができてしまっているのです。 
   やはり、食生活によるものが大きくかかわっていることがわかります。  あなたのアレルギーが良くなることを祈っております。

あなたの気管支喘息ライフをサポートします!

こんばんは、岡田医院です。 今回は日常診療でも遭遇することの多い、「咳」について書いてみます。 冬は風邪などのウイルス感染症が流行る時期でもあり、「咳」に悩まされる方は多いと思います。 「咳」の原因の大半は急性上気道炎(いわゆる風邪)を代表とするウイルス感染ですが、その他の原因にはウイルス以外の感染症(細菌、マイコプラズマ、結核など)、気管支喘息や肺気腫、気胸、肺癌など多岐にわたります。 「咳」の原因の考え方は、①臨床経過(急性か慢性か)、②随伴症状の有無(発熱、喉の痛み、鼻水、痰など)が基本になります。 急性の経過(発症して2〜3日以内)で、「咳」以外に「鼻水」や「喉の痛み」などの症状があれば、「風邪」の可能性はかなり高いと思われます。 ただし、インフルエンザや麻疹、風疹も初期は風邪と区別がつかない場合はありますが。 一方、急性の経過でも症状が悪化し、高熱や息苦しさを伴う場合は、肺炎や気胸、心不全などの重篤な原因を考えなければなりません。 「咳」+「鼻水」+「喉の痛み」であれば「風邪」の可能性が高い(風邪であれば基本的には放っておいても治ります)ですが、「咳」以外の症状がない、
「咳」以外に「高熱」や「息苦しさ」があるetcでは「風邪」以外の病気の可能性があるので注意してください。 次回は「長引く咳」について書きたいと思います。


気管支喘息 関連ツイート

喘鳴:気管支喘息発作
水泡音:気道拡張症など,気道内分泌物が多い時
捻髪音:間質性肺炎,肺線維症等
握雪音:強膜摩擦音,胸膜炎で見られる
呼吸音減弱:気胸
RSって何やろか~😅今19の息子が喘息だったけど、以前は名前で呼ばずに気管支炎とかで済まされていたのかもね。しょっちゅうゼロゼロして咳き込んで吐いての繰り返し😢二歳の肺炎の時先生に「陸の上にいて溺れてる感じです」と言われて泣い… https://t.co/7rOJ3nVdEh
風邪は内科じゃなくて耳鼻科!!
ってツイート見て私のかかってる病院は耳鼻口腔科と内科が同じ建物(ご夫婦?)なので風邪のときは耳鼻科の先生が見にくるし耳鼻科と同じ薬を出されるよ!!
ちなみに私はそこの耳鼻科、妹(気管支喘息)は内科がかかりつけ医だよ!!!
RT @fcbliebe1900: キンタナもそうだけどロードレース選手は気管支に負担がかかるので喘息持ちがやたら多いというのは既知の話であり、今回フルームは「グレーゾーンを攻め過ぎた」という話だと自分は見てる。過去例で出場停止貰った選手もいるが、厳しいドーピング取締りが選手の…

PR

コメントは受け付けていません。