みちこを知らない子供たち

Pocket

今日のみちこスレはここですか

どうも みちこ です。 式場見学に3件行きました。 そして、式場と日程を決めちゃいました!今の心境は、決めてもーた!!!という気持ちですもう逃げられない・・・  日程は・・・・10月8日3連休のなか日の日曜日(友引)です    来年の?いえ今年です!間に合うの?そうですよねー・・・私だって半年以上は時間が欲しいところ。  ヒロチャンの仕事の都合上、日祝限定で探しておりました。私の方は、遠方から来てくれる方が大半なものでゆっくり来られて、ゆっくり帰れる3連休のなか日そして日曜祝日がいいなぁ。そんな日はもう、今年は10月8日しかない!  それが空いてたのですよ!これはもうやるっきゃないと。式場はまだお伝えしていない式場でございます。とてもアットホームな式が出来そうなゲストハウスです。  私はそのゲストハウスが気に入ってしまいました。ゲストハウスでするという事は遠方から来る方は、ホテルから移動しないといけないのですね。もし10月8日を逃して延期したら来年。真冬にドレスで移動はかわいそうだなぁと。電車で来てくれる人も大変です。京都の冬をナメてはいけません。真冬ならゲストハウスじゃなくて駅近くのホテルがいいな。  でも私はこのゲストハウスで結婚式をしたいと思ってしまいまして。  だったら暖かくなってからすればいいやん!でもね、あと1年後とかもう、緊張感なくなってとりあえず米を片手にカルビがんがんいっちゃいますね。結局真剣に準備しだすのは直前からなのが目に見えております。  そして、10月8日に式をする最大の利点それは・・・  35歳で結婚できる  私の誕生日は12月。10月8日を逃したらもう日曜日は全て埋まっておりまた来年。・・・・・・・・36歳なるやんっプロフィール項目に生年月日書かないといけないでしょ。ギリギリ35歳滑り込みセーフ!あぶねぇ   だからもうやっちゃえ結婚も結婚式も勢いだ!という事で、日程にお尻を叩かれながら新居探しも、結婚指輪探しも、結婚準備も同時にやりまーす     ダイエット間に合うかしら・・・
にほんブログ村  

独身最後の親孝行は、みちこなのです。

次回星組大劇場&東京宝塚劇場公演「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA」に専科の凪七瑠海が出演すると発表された。

星組は現在、東京で「スカーレットピンパーネル」を公演中。この公演はいろいろな意味で「魔法がかかった」新生星組のお披露目公演と言えると思うけど、「魔法が溶ける」公演にかちゃ(凪七)降臨…。
かちゃは専科に移ってから初めての大劇場。しかし、魔法が溶ける公演に劇団もなかなかすごい話題ぶっ込んで来た感が…。かちゃにしたら上級生トップの公演に出られるのはもはや紅ゆずるの星組だけで、ほかはトップが同期(花雪)か下級生(月宙)になっちゃうもんな…。
これまでのポジション、扱いを考えると、礼真琴>凪七瑠海>七海ひろき、なんだろうけど、まさか琴(礼)がまだ2番手羽根しょっていないのをいいことに、かちゃに2番手羽根背負わせるとかないですよね???この時点で、かちゃが果たしていない東上単独主演を琴は終えているわけだし…。
現状、6年も下級生の琴の下に甘んじているカイ(七海)も、このタイミングでかちゃに割って入られるとしたらストレスでしかないだろーなー。たとえ同格扱いだったとしてもかなり複雑だと思う。かつては同じ組で過ごした同期といえ…。
フツーに考えたら、さらにその下の下級生たちにとっても、せっかく新体制でポジション上がったのにまた逆戻りということにつながりかねないわけで、正直組子にも組ファンにも歓迎されない特出ってオチにならざるを得ないような…。かちゃが専科生として卓越した技量だの集客力で組に貢献する、とかあれば別だけど、結局みんなをザワザワさせておしまい、みたいな。
先例として、みちこ(北翔海莉)は、専科時代に出演したどの公演も作品のレベル底上げに一定程度貢献し、主演した花組の「風の次郎吉~大江戸夜飛翔」や月組の「メリーウィドウ」では組の士気をも向上させたと思うけど、かちゃにそういう役割は望むべくもなさそう。まぁ本人は正念場も正念場なのでそれなりに悲壮感漂わせて臨むんだろうけど。
そもそもこの公演、「魔法が溶けた」状態で紅と綺咲愛里がトップに相応しい実力を発揮できるのか、という問題もある。お披露目公演が幸せすぎる状態で行われただけに、この2人にとっても試練ですな。
新生星組2作目は、なんだかにわかに目が離せなくなってきました。

↓ポチッとしていただけたら嬉しいです!!

コメントは受け付けていません。