インストールするだけですぐに使える本格的な無料糖尿病

PR

糖尿病 蘇る法廷バトル、ついに開廷!

皆さま お元気ですか。ゆうみんです。
ゆうみんカフェは余裕の11時開店、閉店も、余裕の21時となっております。
営業中はこんな看板がお店の前に出ています。が…、
出ていないときもあります💦 
看板の、あるなしにかかわらず、どんどん中へお入りくださいね‼
ちなみに休業日は
水曜定休、土日不定休となっておりますが…
ケースバイケースです。臨機応変に対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。
ということで…昨夜はお店を早じまい。実家の小田原へ…。1ヵ月半ぶりの帰省です。
このところ、母の介護は妹夫婦にすっかりお任せ状態です。
今年、78歳の母。これまで病気ひとつせず、元気に働き続けてきた母ですが、6年前に父が他界してからというもの、めっぽう気弱になり…
昨年の秋、とうとう、糖尿病と脳梗塞を患い、人生で初めて、入院しました。しかも、2ヵ月間も…。
退院直後は身体機能の低下とともに認知面での衰えも否めず…「要介護3」となりました。
その後、妹夫婦や、ご近所の人たちにあたたく見守られながらデイサービスに通い、リハビリに励み、1年後の今…先日の判定で「要介護1」に‼
笑顔でいられる日もずいぶん増えてきました。

そんな母ですが…昨夜は、私が泊まっていくことがわかると、なんと、母のベッドのとなりに布団を敷いてくれました。 
しかも、かのん(犬)が寝るスペースを ちゃんと計算に入れながら。
布団の上げ下げは、今の母にとっては重労働です…。
もう~ 布団ぐらい自分でやるのに~❗」と思ったものの、とっても嬉しそうな母の表情を目にしてしまったら、ここはもう、やってもらうしかない‼と、思いました。
「わあ~❗ありがとう、お母さん🎵」「お母さん、ありがとう~‼」と、大きな声で続けて2度、お礼を言いました。
そんなわけで、昨晩は母、犬、私の2人と1匹で久し振りに“川の字”になって寝ました。
親にとって、子どもは、いくつになっても子ども。世話を焼きたくなるようです。 
お互いどんなに歳をとっても、 お互いどんな状態であっても、ただただ愛し、ずっと、お互いを想っている。 
その親なりに。その子どもなりに。  
「おとうさん、そちら(天国)はいかがですか。お母さんには、まだまだこちらでの人生を楽しみたいようですので、もう少し、このまま見守っていてくださいね。」
写真の中の父に向かって語りかけ、実家を後にしました。 

来月は、母と一緒に美容院へ行く予定です。
それではまた…。

糖尿病大量在庫で激安ショップ

16週で流産した時の回想録です。病院関係者以外では私と夫しか会ったことのない、戸籍にも残らない小さな小さな赤ちゃん。どうやってこの世にやってきたか、どうやって見送ったか、辛い記憶が薄れてしまう前にきちんと記録しておきたくて、ブログを始めました。まだ書き始めて数日で、うまく文章がまとまりませんが、予想外にたくさんの方が読んでくださっていることに驚き、たくさんのいいねをいただいたことに感激しています。ありがとうございます。少しずつ思い出しながら、続きを書いていきたいと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。********* 妊娠前の私は甘いものに目がなく、毎日夕方に和菓子やシュークリーム、プリンなど何かしらデザートを食べていました。妊娠中は糖分を控えないと、という思いもあり、また味覚が変わってあまり甘いものやしょっぱいものを欲しなくなっていたこともあり、比較的糖分・塩分は控えていたと思います。糖質は、、うどんやご飯を普通にモリモリ食べていたので控えてはいなかったけど。。 思えば先日の妊婦検診1回目は、午後の受診だったので、夫が出かけた後に二度寝をしていました。昼に起きて急いで昼食を作り、大きなどんぶりに豚丼を作って慌てて食べて行きました。その直後の尿検査での尿糖プラスだったので、一時的な炭水化物と糖分の取り過ぎ(豚丼は結構甘めの味付けだった・・)かもしれない。。けど、祖父も生前糖尿病にかかっていたらしいし、体質的になりやすいのかもそんな心配から、血液検査までの1週間、若干ご飯を少なめに、野菜を多めに食べるよう心がけ、果物も量を少し減らしました。 それから、先生に言われた、里帰り時期の1ヶ月前倒しについて夫に話しました。案の定、「え〜 それ早すぎじゃない?」とご不満の様子。。「赤ちゃんの安全のためなんだよ、仕方ないよ」と言ってもイマイチ実感がないらしく、「そんなに早く行くものかな?心配しすぎでしょ。せめてあと半月遅らせてもいいんじゃないの?」などとゴネて困りました。まあとりあえず、今決めることではないので、もう少し様子を見よう、必要あれば夫にも先生からまた説明してもらえば分かってくれるだろうし、と思いその場は収めましたが、モヤモヤが残りました 夫は自分がないがしろにされているように感じていたかもしれません。私も夫に父親の自覚が足りない、というか、ガキか と思ってしまいました 男の人は、女性と違って体内に赤ちゃんの存在を感じているわけじゃないから、実感がわかないのは無理ないかもしれません。何とかして、パパになることを実感してもらいたいなと思いました ともあれ、そうして1週間が過ぎ、血液検査の日がやってきました。前夜から絶食して、朝一番で採血し、その後甘いサイダーを一本飲み干して、1時間後と2時間後に採血します。結果は1週間後にわかるそうです。 病院での待ち時間が2時間もあるので、血液検査の時に最近お腹が張っていることも相談して、飛び込みで先生に診てもらいました。元々ある子宮筋腫が妊娠とともにホルモンの影響で大きくなってきて、少し炎症を起こしているのだろうとのお話でしたが、念のため炎症の状態を調べる血液検査を追加してもらいました。この日は1時過ぎに検査が終わり、久しぶりにラーメンをお腹いっぱい食べて帰りました。食事制限が始まったらこういうものは食べれないだろうから、食べ収めかも、、と思いながら 翌日、炎症の検査結果を聞きに再び病院へ。やはり少し炎症があるけど、今のところは問題ないこと、今後もし痛みがひどくなった場合はモルヒネのようなお薬で痛みを和らげる処置をとることになる、というお話がありました。今の所痛みは大したことないけど、うちに帰ってから調べてみると、変性がおこったらかなりの激痛となる場合があるそうで、怖いな・・でも1週間くらいでおさまるらしいので、なるようになる、心配しても仕方ないか、と気にしないようにしました⤴ それからもお腹の張りはおさまらず、一旦張ると何時間横になっても治らない状態が続きました。そういう時、筋腫と思われる部分はボコッと硬くなります。張りがひどい時は念のため仕事を休ませてもらいましたが、どれだけ横になってても変わらないので、仕方なく夜になると買い物に行って食事を作り、普段通り過ごしました。 1週間が過ぎ、病院へ行って再び赤ちゃんと筋腫の状態を診てもらうも変化なし。このまま気をつけて過ごしましょうとのことでした。心配していた血糖値の方は、正常値で問題なかったのでホッとしました そんなこんなで気づいたら12週に入り、順調とは言えないまでも、なんとか赤ちゃんが元気なまま12週の壁を超えることができましたあと1ヶ月で安定期だから、そこまで何とか頑張るぞ 


糖尿病 関連ツイート

[大34→]次は西上小町、西上小町。 。高血圧、糖尿病、心臓病など循環器専門院の中山クリニック前です。アンモータースクールは二ツ宮にございます。
1年前のヘルシー路線から1点して現在はチェルシーシェイクやシナモンメルツ等の糖尿病発症促進商品を繰り出していくスタイル
RT @takasenahoko: 東京はとてもよいお天気です。昨日、足立区役所でいただいた「野菜を食べよう」関連グッズの数々。うーん、よく工夫されています。健康年齢が都平均より2歳下、糖尿病が多いなどデータに基づき「ベジ食べライフ」を本気で推進。改めて感心しました。 http…
友達の旦那が糖尿らしく。勃たないらしい。
バイアグラで勃つらしいが不発で終わるらしく。毎回、落ち込むらしい。
ようするに、糖尿病治さないとEDも治らない。
恐ろしい合併症やで。早よ治さな。
EDで風俗すらいけんわ。

PR

コメントは受け付けていません。

世界最大の格安旅行会社

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社です。
ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。

ドリームトリップス 世界最大の格安旅行会社